menu

ビオトープ(素地つくり)

長い間、蓄積された雑草や伐採等の枝ごみが、ついに姿を現す。

特に、枯れ落ちた竹林の量が多く、2tダンプ×2台ありました。

ビオトープの素地づくり。

地形を把握するために必要な工程でした。地肌が現れて転石や盛土の状況が、今、明らかになりました。

これから、湧水箇所から流末にかけて、ビオトープを計画してきます。

ビオトープ(biotope)

3月9日の空

関連記事

  1. 苗床準備

    scesmother、文明です。本日は苗床準備のログです。…

  2. 水面に映る樹木

    ビオトープの水位調整が終わり、滑らかに、ゆっくりと、それぞれの池へ入水でき…

  3. 苗床準備~施肥

    苗床の前準備、まずは消毒から200リットルの水槽に…

  4. ビオトープの生態系

    木製の階段も完成して、いよいよビオトープ作庭も大詰めを迎えている。…

  5. 田んぼ 始動

    2022年の田んぼ、始動です。先ずは、5.1田んぼの土手草払いのあ…

  6. きのこ木づくり

    scesmother、文明です。今日は快晴ですが、コロナウイルス感…

  7. ビオトープ(防水)

    ビオトープには防水シートをつけます。後々、植栽する箇所に雨水が浸透…

  8. あめんぼ(水黽)

    雨上がり、土地が緩くなりユンボが入れず…今日は手作業で素地つくり。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP