menu

メンテナンス

田んぼの施肥も終わり、2回目の耕耘を始める前に、前回の耕耘で、草が十分切れていなかった原因に事に気づき緊急メンテナンスにする事に…。

完全に交換のサインが出ていました。

トラクターの爪先は、左右に曲がっています。爪の向きは耕運作業に大きな影響を与えます。 基本的に爪の向きは変えずに取り付けます。 ボルト及びナットは爪の向きが判断できるようになっています。 爪の向きがわからない場合、ナットがある方向に爪が向くように取り付けます。

左側の新しい爪先は、ナット側に向いています。右側は反対に向いています。結構な力仕事ですが、一度経験すれば容易にできるようになります。

全部で30本の取り換え、次回はいよいよ2回目の耕耘です。

苗床準備~施肥

紫陽花と苗床

関連記事

  1. 苗床準備

    scesmother、文明です。本日は苗床準備のログです。…

  2. ビオトープ(入水)

    いよいよ、防水シート工事に入りました。重ね代は150㎜、平坦地では…

  3. ビオトープの生態系

    木製の階段も完成して、いよいよビオトープ作庭も大詰めを迎えている。…

  4. 田起こし

    雨季前にも係わらず、長い雨で作業出来なかったが、5.22ようやく田起こしを…

  5. 水面に映る樹木

    ビオトープの水位調整が終わり、滑らかに、ゆっくりと、それぞれの池へ入水でき…

  6. きのこ木づくり

    scesmother、文明です。今日は快晴ですが、コロナウイルス感…

  7. ビオトープ(結ぶ)

    湧水箇所の水上から水下へ、ビオトープを結んでいく。池ではなく、常に…

  8. ビオトープ(素地つくり)

    長い間、蓄積された雑草や伐採等の枝ごみが、ついに姿を現す。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP