春の剪定

scesmother、文明です。

5年目の剪定

毎年5月初めの日曜日、街中森暮らし全6戸の住民で行いました。

真夏の庭先に、木漏れ日が落ちるよう枝先を剪定します。

庭木の種類は、ほどんどが雑木です。

アオダモの自然樹形を意識しながら剪定します。

雑木の剪定は、師匠曰く「どこを剪定したか気づかれない」らしいです。

10tダンプ2杯分は剪定ごみがでました。

一年間、落ち葉や生ごみ等をストックした「落ち葉ストック」

ここでしっかりと天地返しをしておきます。

黒土と見違えるほどの、立派な腐葉土が完成していました。

これらを用いて、息子は小さな家庭菜園を作ります。

2槽あると入れ替えが容易で便利です。

投稿者: scesmother

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です