menu

北の庭

庭と部屋をつなぐ空間、コンサバトリーは北側に。
建具は軽い物。
北の光は、いつ見ても静か。

朝はせわしくなく、ゆっくりと光があたり始め、
高い樹木の隙間から落ちる光を、低い樹木が追いかける。
さらに、下草がこぼれた光を追うように首を持ち上げ、伸びている。

冬のあかを落として、清明を迎えたコンサバトリー。
今年度もよき音づれをたのしみにしている木建具と薄ガラスです。

やめた、きっかけ

鳥は知っている

関連記事

  1. 阿蘇 古閑舎

    古閑さん、という「ひと」

    最初の出会いは、ある年の暮れに一本の電話から。それは知合ったばかりの千葉…

  2. 新たに、この地から。

    おめでとうございます。姶良土地開発の店舗分譲地「森のテラス R.サク…

  3. 春の剪定

    scesmother、文明です。5年目の剪定毎年5月初めの…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP