手のとどく生き物

動物園とか、水族館とか、
うちの子が興味を示さなかったのが始まり。

庭にいるカタツムリが始まりでしたね。
歩き始めて、初めて興味をしめしたものがカタツムリ。
そしてダンゴ虫。みみず。
いつの間にかどんぐりや石ころを口に入れていて驚愕した日々(笑)
一日中、雨の日でも猛暑でも虫捕獲に熱中しています(現在進行形)

生き物に触れる、捕獲し持ち帰ってもよい、その悦は男の子の本能なのか。

そろそろ生き物の命(生態)を学んでほしいと思い、干潟ガイドツアーに参加。

人の暮らし方で自然環境が汚染されているのは正解。
暮らすために、生きるために、色んな悪事をしている。
私は長生きをすれば、魔女になるであろう。

一生、砂浜の1m以上も深い所に生息している生き物もいる。
自分で作ったストローの様な中に生息し、落ちてくる生き物を食べて生きている。

できれば、魔女にはなりたくないので、今日一日、自分に負けない。

口どけ、土どけ。

枝の選別

/*

関連記事

  1. 地球っていうと規模は大きいけれど

    「マザー」だな。これも。わたしたちのいうマザーは、母なる包み込む…

  2. みんなの健康に、梅

    梅の効果は、身体の全体にまるごと良さそうだし。その自然の効果を得るには、…

  3. 12月の柚子に11月の金柑

    「鳥に食べられっからッ」私が急いているのではなく、鳥に急かされている母が…

  4. オーベルジュコヤマ

    音もなく、だた。

    ここは久住の山合いにあるオーベルジュKOYAMA.冬の間、景色は墨汁の世…

  5. 鳥は知っている

    度々、訪れるムクドリ。土の中の幼虫を食べて、水を浴びたり、飲んだり。…

  6. 姶良の和菓子

    和菓子屋の和菓子でできたデコレーションケーキ。これは、甘すぎるでしょう!…

  7. 山の音

    週末、父と母の家に出かける。春の田んぼの仕事や、夏に向けての畑の準備と春…

  8. 9月の運動会に、10月の稲刈り

    父がもし、この世にまだいたら、白いシーツと透明のマスクをして病院だっただろう…

*/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP