設計の流れと予算

建築と庭が一体となった理想的な住まいは、計画の初期段階から
予算もスケジュールも気にしないで、建築や庭だけの話ではなくて、
楽しいこと…嬉しいこと…美味しいことなどの趣味のことや、
日常の仕事のことなど、あらゆる事柄を話し合うことから始まります。
すると、施主本人も気づかいない家族の生活が浮び上がってきます。
きっとそれが、肩を張らない普段着の暮らし方だと思うのです。

自然体の建築と庭をつくるために

建築と庭づくりのポイント
土地選び
一般的な住宅地は道路と玄関の関係で、大きくは南入りと北入りに分かれます。そのどちらを選ぶかで、庭の可能性は縛られてしまいます。
家族の趣味、特にガーデニングやアウトドアリビング、バーベキューやピザ窯などのガーデンパーティついては、具体的なイメージをもって、土地を選ぶことが大切です。
間取り
よく「間取りと外観」というように、建築の計画はこの2つから始まります。
家族にとって最も関心のあるところです。建築の間取りはそこに住む人の暮らし方を決定します。このときに、同時に庭の間取り(ゾーニング)も検討することが大切です。
外観
建築デザインを引き立てる植栽デザインイメージ
外観は建築のファサードであり、いちばん関心のあるところです。しかし、庭と調和するかどうかまで吟味する人は多くありません。建築デザインを引き立てる植栽デザインをよく考えることが大切です。
配置
建物を敷地のどこに配置するかで、駐車スペースや庭のあり方が大きく変わってしまいます。建築は必要な面積に留める工夫が大切です。詳細は「だから小さな家」をご覧ください。
窓の決定
部屋の中から庭を見るとき、窓が額縁となって庭の景色が切り取られます。このとき、部屋のどの位置、どの高さから庭を見るかで、見え方は変わります。
また、庭の使い勝手を左右する、部屋から庭へのアプローチはとっても大切です。
高さの決定
地盤高の決定や、建築高の決定は、日照や眺望のために高いほどよいと考えがちです。しかし、それによって宅地の擁壁や、建物の階段造作などが多く必要となることがあります。
地盤は自然の形状を壊さないように、建築は主張せず控えめに(軒先はできる限り低く)が、自然体に暮らす一歩と考えます。
設備計画
門柱の照明や、散水・給水のための水道、雨とい・生活雑排水・浄化槽の排水計画といった設備は、地下に埋設するので、植栽時に支障になり施工をやり直します。施主にとっても二重の負担となります。 庭の計画といっしょにできれば、植えたいところに配管や排水枡があるといったこともなく効率的です。
工事工程計画
建築の竣工とあわせて庭の工事も完成したいところですが、樹木にはそれぞれ植栽の時期があります。 無理をして植栽すると枯れてしまうこともありますので、少しずつ…楽しみながら庭をつくっていくことが大切です。

造園設計の流れ

お問い合わせ
お電話、FAX、お問い合わせフォームにてご連絡ください。ご相談の段階では料金は発生致しませんので、どうぞお気軽にご連絡ください。
矢印お問い合わせはこちら
矢印
お打ち合わせ
連絡をいただきましたら直接お会いし、設計条件や、要望、ご予算などをお聞きいたします。
その際にはご用意できる範囲で構いませんので、敷地図、建物配置図、平面図、立面図などをお持ち下さい。
シーズマザーの考え方をご納得いくまでご確認ください。ご希望に添うようでしたら、設計依頼をいただき、正式に着手させていただきます。
遠方からご依頼の場合には、こちらから出向かせていただき、建築予定地などを拝見したり、ご希望を伺ったり致しますので、遠方の皆様もどうぞご遠慮なくご連絡ください。
(出張旅費等に関しましては別途ご相談させていただきます)
矢印
基本計画
計画内容に対するご要望を聞き、基本計画図面(S=1/100の平面図、立面図、模型など)を基に、プレゼンテーションを行います。
矢印
契約
基本計画に納得した場合、設計・監理契約を結びます。
シーズマザーでは、この段階で仮にお断りしたいといったお客様においては、一律6万円の基本計画料を頂いております。
(設計施工・監理契約にいたった場合は設計施工・監理料に含まれます。)
ここまで2週間程度です。
矢印
実施設計
基本計画を基にご依頼者(建主)とさらに打ち合わせを重ね仕上げの種類、外構の仕様などさらに設計を進めて行きます。(建物配置図を基に外構計測等を実施いたします。) 1週間〜2週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
工事費見積り調整・工事契約
基本的にお客様の予算に応じて工事見積りの調整をいたします。 工事金額・工事期間・工程・施工イメージ等の最終的なご確認の後、工事依頼確認書(契約)を結びます。 1週間〜2週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
工事開始
工事開始後は、設計図に基づいた作業がなされているかを定期的に監理し、現地の雰囲気に合うように、微調整をかけながら施工いたします。 1週間〜3週間程度(施工の規模によります)
矢印
完成・引渡し
お客様へ完成・引渡しを行います。 雑木の庭づくりは、従来までの庭づくりのように、完成時の状態を管理維持していくような管理はなく、常に生長させて自然により近い状態になるように管理します。 引渡し後は、お客様のご協力を頂きながら、末永いお付合いを希望いたします。
無料
矢印
契約時6万円
矢印
工事金額50%
矢印
工事金額30%
矢印
工事金額20%

建築設計の流れ

お問い合わせ
お電話、FAX、お問い合わせフォームにてご連絡ください。ご相談の段階では料金は発生致しませんので、どうぞお気軽にご連絡ください。
矢印お問い合わせはこちら
矢印
お打ち合わせ
直接お会いし、設計条件、要望、ご予算などをお聞きいたします。
設計方針にご理解いただければ、設計依頼をいただき正式に着手させていただきます。
遠方からご依頼の場合には、こちらから出向かせていただき、建築予定地などを拝見したり、ご希望を伺ったり致しますので、遠方の皆様もどうぞご遠慮なくご連絡ください。
(出張旅費等に関しましては別途ご相談させていただきます)
矢印
基本計画
計画内容に対するご要望を聞き、基本計画図面(S=1/100の平面図、立面図、模型など)を基に、プレゼンテーションを行います。この間、法令調査及び敷地調査を行います。
矢印
契約
基本計画に納得した場合、設計・監理契約を結びます。
シーズマザーでは、この段階で仮にお断りしたいといったお客様においては、一律8万円の基本計画料を頂いております。(設計・監理契約にいたった場合は設計・監理料に含まれます。)
また、必要に応じ、地質調査(別途)及び敷地測量(別途)を行います。
ここまで2週間程度です。
矢印
基本設計
基本計画を基にご依頼者(建主)とさらに打ち合わせを重ね、仕上げや構造、設備などさらに設計を進めて行きます。また、平行して建築確認申請などの法手続きに必要な設計図の作成を行います。 2週間〜4週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
実施設計
基本設計をもとに、工事に必要な設計図書(建築物の詳細、仕様書、建具や家具、構造、給排水衛生設備、電気設備、外構や埴栽設計などの詳細な設計図)を、作成します。 7週間〜12週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
確認申請
公的機関(各自治体または検査機構)に建築確認申請図面を提出し、建築許可を取得致します。(改築など不要な場合もあります) 2週間〜8週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
業者入札
実施設計をもとに、数社の建築会社(工務店)に見積もりを依頼し、工事金額が妥当なものであるかのチェックを行います。 2週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
工事費見積り調整・工事契約
建築会社より提出された見積もりを一緒に検討し、建築会社を決定します。
提出された見積書の金額が予定工事費をオーバーした場合、仕上げ材の見直しや、施工方法の再検討などを行い、当初予算内に納まるように設計事務所において調整いたします。
その後、建主様と建設業者との間で工事請負契約を結びます。設計事務所は中立な立場で、次の「工事監理」行います。 2週間程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
工事開始(工事監理)
工事開始後は、設計図に基づいた作業がなされているかを定期的に監理し、進捗状況の確認とご報告を致します。
矢印
竣工検査(公共機関)
建築工事終了後、建築確認申請書の通り、建物がつくられているか?確認申請を提出した各自治体または検査機構が検査します。
この検査が行われ「完了検査済証」が発行されるまで建物は使用できません。
矢印
竣工検査(設計事務所)
建主様の代理者として、また設計者として「設計図書」どおり建物がつくられているか?「設計図」をもとに検査します。
この時、不適切な場所があれば施工業者に手直しを指示します。
矢印
竣工・建物引渡し
竣工検査に合格すれば日時を決め、建主様へ完成引渡しを行います。
引渡しの際には各機器の取り扱い説明及び引渡し書類の提出が施工業者から行われます。 工事開始から6ヶ月程度(建物の規模・用途で異なります)
矢印
ご入居へ
建物をお引渡し致しまして、ご入居いただきましてからも、メンテナンス等、いつでもご相談に応じ、適切な対処をさせていただきます。
無料
矢印
設計監理料10%
矢印
設計監理料20%
矢印
設計監理料30%
矢印
設計監理料20%
矢印
設計監理料20%

設計監理料について

設計事務所の設計報酬の算定基準は「国土交通省告示1206号」に定められています。

但し、これは人件費、会社経費、付加価値を算出し合計した額という考え方です。
その為、一般的に解りづらいので、工事費総額に対するパーセンテージ、工事面積に一定の金額を掛ける等の算定方法が一般的です。
目安としては一般的な住宅で総工事費の10%〜15%程度となります。

設計監理料の設定は当社独自に床面積による算定基準を設けております。
一般的な総工事費×○○%という考え方に比べて、床面積による算定では
一定の料金のみを頂戴するので、 予算計画が立てやすく、わかりやすいというメリットがあります。

算定基準
・新築の場合
木造平屋・2階建て  7〜8万円/坪
※ 木造3階建て、鉄筋コンクリート造、鉄骨造の場合は別途構造設計料として30万円〜40万円がかかります。
・リフォームの場合
戸建住宅・マンションリフォーム  5〜6万円/坪

算定基準の概算内訳

建築物の用途 金額算定基準
住宅・アトリエ・
医院・診療所  等
基本プランニング料金:350,000円+延べ床面積(㎡)x2,500円
建築設計料金:延べ床面積(㎡)x3,500円+建築概算予定費用x3.5%
現場監理料金:延べ床面積(㎡)x2,500円+建築概算予定費用x3.0%
事務所・病院
商業施設・研究施設  等
基本プランニング料金:350,000円+延べ床面積(㎡)x2,500円
建築設計料金:延べ床面積(㎡)x3,500円+建築概算予定費用x3.0%
現場監理料金:延べ床面積(㎡)x2,500円+建築概算予定費用x2.0%
倉庫・工場  等 基本プランニング料金:350,000円+延べ床面積(㎡)x2,000円
建築設計料金:延べ床面積(㎡)x3,500円+建築概算予定費用x2.0%
現場監理料金:延べ床面積(㎡)x2,500円+建築概算予定費用x1.0%

※ 地盤不良等、イレギュラーな条件が発生した場合、割合が高くなります。
※ 建築工事中、変更による建築費の増減が発生した場合、減額であっても それに対する業務は発生しますので報酬額は連動しません。

設計監理料以外で別途ご負担いただくもの
○ 確認申請・各種行政検査の申請料(印紙代・行政検査機関への申請料の実費)
○ 地盤調査の費用(スウェーデン式サウンディング試験・ボーリング試験)
○ 敷地測量が必要な場合の費用
○ 地鎮祭・上棟式などの費用
○ その他の費用
水道加入金、造り付けではない家具、カーテン・ブラインド、引越費用、仮住まい費用、
登録免許税、登記費用、不動産取得税、消費税、融資手数料、ローン手数料など

保証について

シーズマザーでは、竣工後の保証とアフターメンテナンスにも力をいれております。

3か月検査・1年検査
ご入居後、3か月目と1年目に施工会社と共に伺って、検査を実施します。
1年後検査は、四季を通じて暮らした結果を見るものです。 不具合や不都合な部分が有れば、
速やかに修正いたします。 上記の期日以外であっても、緊急を要するものには、随時対応いたします。
その他保障体制
建築士賠償責任補償制度(設計事務所対応:任意)
設計上の瑕疵(ミス)によって、修繕などの費用が発生した場合、これをカバーする保険です。誰しもミスはしたくないものですが、万が一に備えるのが重要と考えます。
建築10年保証と瑕疵担保保証保険(施工会社対応:強制)
構造体と雨漏りについては、法律に則し、10年間の保証が付きます。万が一建設会社が廃業倒産などした場合の保証継続のために、瑕疵担保保証保険への加入も義務付けられています。
完成保証制度(施工会社対応:任意)
万が一、工事中に建設会社が倒産した場合のための保険です。工事を依頼する会社に加入してもらうようお願いします。
自然体の暮らし
  • 雑木の心地よさと暮らし
  • 住環境を創ろう
  • だから小さな家
  • 本物志向・素材〜考え方
プロフィール
文秋ブログ
お問い合わせ お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 設計の流れと料金
pagetop