シーズマザー自邸


家をつくるときは、まずは間取りからと、思っていました。

当然。

 

それが、今回は、ドアや窓、照明器具から始まりました。
1年前にすでにフランス、リヨンから取り寄せたアンティークドア、窓・・

 

 

 

これが日本のサイズとは大違いで。
背格好から違うからですね。
住まい方、気候が違うからですね。

 

でも、うちのひとは「生まれる前はフランス人だった」みたいなので。何か、あるんでしょうね。
ずっと心像風景、なのか脳裏に引っ付いて離れない、何かがあるんでしょうね。

 

ドアとか、窓に。

ああ、あと素焼きのテラコッタ600枚。

いよいよ週末、お隣さんと同時に雑木の庭を造ります。
お隣の庭とシーズマザーの家をつなぐようにして、緑のトンネルをつくります。

 

「所有権が拡がる考え」と
チームネットの甲斐さんがおっしゃっておりましたが、本当にその通りです。

 

 

甲斐さん、スマートな考え方が素晴らしく、またお会いしたいです。
自邸をご案内した際には、北側窓の大開口をう~ん!いい!これは夏、涼しいぞぉ。

と、嬉しい表現です!
冬、冬の対応はロケットストーブとバルミューダのスマートヒーターで。

 

甲斐さんの様な
スマート的対応も、併用する暮らしです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です