大工さんの仕事


新築:まちなか森暮らしの家

場所:雑木林と8つの家分譲地(姶良市西餅田3435-13)
姶良駅JR沿線です。

☆いつでもご覧下さい。

 

長年、福岡で大工をされていた棟梁は黙々と金槌を打っております。

構造上、筋交いを多く入れ、大工の技の美しさと大変さが実感できる一時です。

鹿児島の木材、プレカットを使用し、美しく組まれていきます。

天井と床に挟まれ、見えなくなる部分。これから何十年も、見えないままの美しい部分。

見えないところにこそ真実。

“よかど!認証かごしま材”

 

これは合板。

 

構造上、筋交いを多めに入れたので、金具も2倍必要です。

そこで窓の位置。風のながれ、12ヶ月の陽、暮らしの様々な場面を想定し、予算との兼ね合い。

 

大工さんに、気持ちよく働いて頂くこと。
人はやはり心で働き、それが、宿る。

カットされた、かごしま材木(杉)で遊び始めた子どもらを見て
ヤスリをかけてくれた大工の奥様。
いつも棟梁を手伝い支えながら、現場の美しさを保って頂いております。

「わたしの子ども達はこれにアイウエオを描いて遊ばせてたわ」

自分の家を造った材木が積み木になるなんて、子どもながら、相当嬉しい様子。

木の柔らかさが、全く違う。
音も違う。

新発見~!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です