建築士と庭師の手帖~雑木の庭のある暮らし

まちの風景としての役割

雑木林と8つの家では現在、2組のご家族が住み、もう2組は建築設計中のご家族です。

今日は皆さんと一緒に、最初にポイントをお伝えしたうえで、実際にご家族で剪定を行っていただきました。

 

ここの8つの家々は雑木の樹木が互いに重なり合い、一帯が雑木林の風景になるのを、住み手で育てながら暮らしております。

 

簡単に、簡潔に申しておりますが、この住人のみなさんで剪定するという日に至るまで、様々な専門家の長年の知恵の結集が今日という大切な一日になったと思っております。

人の長年の知恵と技術と、情熱。

その専門家達の目的、それは人は新たな暮らしの中でも心を満たし、つむいで生きていける才能を持っている。それを確信しつつも現実には為し得ることの難しい構想でした。

 

山、田んぼ、畑、川、海それら自然界と人の暮らしがつながっている、これが生命の理想かもしれません。

でもその自然が減ったとしても、人と人が何かを通して心がつながるその瞬間、人は自らを幸福感で満たすことができるのです。

 

それは人を信頼する力です。

 

 

それを目の当たりにしたのは福島での復興支援プロジェクトに参加したときでした。(庭JAPAN

 

特別な大災害に見舞われた人だけでなく、誰もが抱える問題(子どもでも大人でも、大なり小なりありますよね~)を和らげてくれる力を人は持っているのだなぁと。

 

今日は、そういう人々に寄り添っている樹木の様子が、本当に誇らしく見えました。

 

 

娘さんの一眼レフで捉えたモノは!どんぐりの芽が出たばかり!

 

 

 

 

 

 

 

南側のお部屋にのびる木陰。

そして東西南北どの部屋からも緑がユラユラ。

 

多種多様の樹木の木陰に見守られながら育つどんぐりの芽。

様々な新発見、さすがは春の庭でした。今日はその楽しみをみなさんと共に出来たことが、なによりです。

その後は近隣の住民祭“ご近所ピクニック”の様子です。

 

スケールは大きい方がいい!

 

 

池田さんのちらし寿司、時政さんの焼きドーナツ(いつか食べてみたいと思っていました)、ティムの桜ロール、社長の卵焼き、肉の神田のトンカツ、婦人のサンドイッチとチーズケーキ、無駄にはしてないサンドイッチの残り揚げたてパンの耳、スティック野菜に果物、そして山下さんちから出てくる出てくるワインやビール!!

 

風が強く吹けばゆらゆらと木陰を動かし、笑い声とともにまだ眠っている樹木を呼び醒ましそうなくらい、にぎやかでした。

 

 

みなさま、ありがとうございました。

次回はピザ釜作りでしょうか・・

 

 

 

ボケ

春は色んな花が

色とりどりに咲き乱れてカラフルな季節です

これは、ボケの花です

ボケは落葉低木のバラ科です

書物では、実が瓜に似ていて、木になる瓜で「木瓜(もけ)」が訛って「ボケ」に変わったそうです

美しいスカーレットの花びらに触れたくなりますが、枝には刺がたくさんついています

レンギョウ

自宅の敷地に黄色い花が咲き乱れました

春の訪れを知らせてくれる

レンギョウの花です

レンギョウは落葉低木のモクセイ科に属します

細い枝に…

沢山の花びらをつけている様子が分かります

 

手入れの手帖

今回の手入れは、伐採が主です

長い間、未手入れで

崖を這うように生長した松の木を伐採することに…

伐採しないのが一番よいのですが…

倒木してからでは危ない場所だったので残念です

伐採後は枝ごみを、葉・枝・幹と細かく仕訳します

年輪がとても綺麗…よい表情です

しばらく乾燥したのち、薪として再使用します

自然サイクルにそった暮らしは、

きっと、社会の様々なストレスから解放してくれると思います。

 

 

チャイを飲んでみた

甘いチャイではなくて…

簡単なスパイシーチャイです

〈目分量〉

ミルク…飲みたいだけ

カルダモン…一振り(お好みで)

クローブ…一粒(適当に)

スパイスミックス…適量(軽く一杯)

寒い冬に…程よい甘味があり身体が温まるホッとする一杯です

ほうきの掃き方:参

参:狭い空間から広い空間へ

風などで落ち葉が集まって密集しているところ・・・
株立ちの植栽で、落ち葉が詰まっているところ・・・
このような
狭い空間に、落ち葉などが集まってしまうので、
広い空間に掃きだして、まとめてあげます。
掃除がやり易くなります。
ほうきの掃き方:壱、弐、参において
共通事項は
掃く前に、しっかり除草し、そしてそこを掃く、
掃いた後、全体を見渡し、
おかしいところがないかチェックする。
常に、
全体を見渡し、バランスを見ることが大切であり、
重要です。

ほうきの掃き方:弐

弐:奥から手前に掃く

落ち葉は
風等で隅へ隅へ(奥へ奥へ)追いやられ、
溜まってしまいます。
よって、
掃きにくい奥から、手前に掃きだします。

箕(ミ)の使い方

ほうきや熊手で集めた、枝ゴミや落ち葉は
箕(ミ)で取り上げます。(右図面)

取り上げた落ち葉などは、フゴ(丈夫なビニールで出来た、大きなごみ袋ようなもの)や
モッコ(ユニック車で吊り上げ移動する。大きな風呂敷のようなもの)に入れ、

堆肥や薪として、再利用されます。

続きを読む

ほうきの掃き方:壱

ほうきの掃き方については
とても重要であり、
やはり
ここを意識して掃いているかどうか?で
能率もスピードも変わってくる。
三大原則の一つ
壱:高いところから低いところへ掃く

水の流れと同様、自然体で掃くことが大切です。
また、山中をイメージし、
馬の背からコチラ側と
ムコウ側へ掃き分けることにより、
無駄なく、スムースに作業ができる。

ほうきの使い方

掃除道具のひとつ・・・そして庭師が常に持ち歩いている・・・
ほうき
立ちほうき、手ほうき、熊手や手熊手などです。

しかし、もっと重要なのは、これら道具の扱い方です。
例えば、
立ちほうきを扱う場合、竹先を立てるように掃きます。
掃くたびに、ほうきをクルクル回しながら掃きます。
これにより、
竹先が細く、短くなっても、
常に、ほうきの形状を保つことができ、
道具としての本命を全うできるのです。
すばらしい教えです。

続きを読む