建築士と庭師の手帖~雑木の庭のある暮らし

竹ドーム作り開始

姶良市北山のアースオーブンつくりも終盤です

地元の竹山で伐採した竹を細く割いて、竹ひごを作りました(この準備は結構大変でした)

竹ひごは100円ショップで購入した方がいいなと何度も思いましたが…わざわざ孟宗竹を割いてからつくったんだぁ~という満足度は買うことはできないですね

竹ひごを二層目に引掛けて、アーチを作っていきます

燃焼室(二層目)は溶岩プレートを敷いています(ひび割れはご愛嬌で…)プレートの回りは一層目の熱気が二層目に届くように、わざと隙間を空けているので、メッシュ筋が見えています

今日は手伝いがいて人数が多いです

写真には写っていないが、竹ドームの頂点からシュロ縄でレンガをつるして形をつくったあと、新聞紙を何層も張っていきます

重ねては水で濡らしての繰り返しで、何層も重ねていきます

同時にワラを切り、泥粘土の準備を始めます

 

手ほうきのつくり方

竹ほうきの良し悪しで、手入れの仕上げに大きく影響します

コケや下草を痛めてしまうからです

幸いにも竹山があるので、やっぱり…自作するしかなさそうです

孟宗竹の竹林、黄色の親竹を選びます

ロープを掛けて引っ張りながら、伐採です

伐採後は枝をきれいに取り除きます

このように仕分けます

美しい枝振りです

このまま数日放置して葉枯らします