建築士と庭師の手帖~雑木の庭のある暮らし

早朝のどんぐり

雑木林と8つの家のどんぐり。

コナラのどんぐり苗づくり。

今年は畑の土と山の環境で育ててみることにします。

 

バックミュージックはとなりのトトロでした。

「こ~ど~ものときに~だけ~あなたに訪れるぅ~不思議な世界ぃ~♪」

住宅街区でも夢みる世界が拡がっていて、、以外に住宅街区だからこそ、残っているのかもしれない。


家族

我が家の田んぼの稲穂は台風の目にあたる前に刈られた。

日々、出向き、手をかけ、目をかけ、その年の気候を身に染みこませ判断を効かせる70を過ぎた親。

その姿の背景に有るものは、家の固有性。
母や父、その祖父母またその祖父母・・・、
家は独特な歴史を持ち、生活文化であり、
その母なる環境でわたしは育ち、こうして命をつないでいる。

 

それを大切にしたい。

 

 

 

米なしでは命の基がつくられないなと、つくづく思う。

点滴につながれて、命に別状はなくても、
炊きたての米を食べられなくなっては、元氣がなくなるのは当然だと言いたいのです。

米を食べないと氣が入りません。

わたし自身、前世はフランス人ではないかと思う程、パン党。
米はわたしが生きている、いのちそのもの。

全身を巡って、頭のてっぺんから熱が湧き出てくる。

日本人の農的思考がここにあるんだな。

 

家族がつながっていて、集落一帯の風景をつくっている。

そこには柔らかい、あたたかい、真実がある。

 

 

家族で庭を造ろうと思い始めたら、そこから始まる。
広大な敷地でなければならない、という話ではない。
田んぼをつくらないといけない、という話ではない。

そこから家族の歴史の壱ページが始まる、たいせつなオープニング!

 

 

 

 

 


秋草穂の候

家にいたら、延々と動き続けてしまう。

庭に出たら、なかなか戻ってこない季節があるように。

 

風景は常に微細に変化し続けている。会社の組織も、常に変化の連続である。

 

母の味噌づくりは、毎年9月。
気温も湿度も測ることはない。
身体がすべてを知っていて、古道具を相手に仕込まれる。

母はレシピを書こうとはしない。こちらが聞いたら、聞いた時間だけ無駄なよう。

 

大豆を蒸す火は、薪ですし。


大豆を蒸す火加減いや・・・ここは炎加減と申しましょうか、見て捉えるしかない。

覚えるというより、風景として心にしっかり留める。
メモより、画像とか、絵として留めておく必要がある。

 

翌朝の麦の発酵の香り、状態、

すべてを論じていたら肝心なことが伝わらずに終わってしまう。

それは悲しいこと。

 

そのまま、生きてきた姿を受け入れ、次につないでいく、ただそれだけの事。

 

 

 

役目と目的を明瞭にしておくことは、庭についても家についても大切です。

 

 

 


漆喰化粧の開始

アースオーブンは漆喰塗りの工程です

十分乾燥できていたので、補強していたシュロ縄を外してみました(ここは乾燥の状態をみて判断したほうがイイかもしれません)

まずは、漆喰を作ります(少量なので漆喰はホームセンターで購入しました)

土の表面を漆喰で化粧しています

土台型枠を外して見えてきた、耐火レンガ・耐火モルタル・パレットの三断層も漆喰で化粧します。そしてそこには、海辺で拾ってきた様々な貝殻やビーチグラスなどを散りばめることに…

急遽、ドイツからの訪問していた友人も参加!!ありがとうございます

今日はチビもお手伝いです。

白いドームは、繰り返し火を入れることによって、乾燥(水分)の状態や、泥の隙間や、空気の流れ具合によって、徐々に焼き模様が入り、自然のアーティストになる予定です

このまま更に乾燥します。いよいよ次回は火入れです!!

 

 

雑木の積み木づくり

4/22 アースデイの野外イベントに参加したときの写真です

子供たちがいっぱい集まってきてくれて、雑木の積み木づくりに参加してくれました。

このような剪定した枝を使って、積み木を作っていきます

いろんな形の積み木ができて…どの形を…どのように積んだらよいのか?大きい積み木が下にしようか?子供たちはとても発想豊かです

紙やすりで、少しづつ削っては指先で確認して、また削っていきます…この工程が意外と夢中になるのです

積み木に家の模型をのせて、ツリーハウスを作った子もいました

大人には思い浮かぶ子もできない…これがアイデアです!!

木に関わる仕事をさせていただくことは、本当に幸せなことだと思いました

高千穂峰と鯉のぼり

霧島市と小林市との堺にある、高千穂牧場へ行ってきました

おおきな鯉のぼりを発見 !!

そして…

背景は高千穂峰

坂本龍馬さんとお龍さん夫婦が、新婚旅行で登ったといわれる名峰ですね

いつか…家族で登りたいです

アースデイ青空教室

今年初めてアースデイの一部(青空教室)に参加させていただくことになりました

素晴らしいことです

4月22日の開催内容は以下のとおりです

天気が良ければよいのですが……

開始時刻

2012. 4/22(日)
1時間目 12:00~12:30
2時間目 13:00~13:30
3時間目 14:00~15:00
事前予約、料金の支払い、等はございません。当日会場内にてそれぞれの講座に直接お越し下さい。

※ それぞれの時間に、本部テント前に集合してください。

12:00〜12:30

『あなたのための発電講座』 講師: 旅人 テンダー

100円ショップの商品で行う自転車発電や、
安い部品で作る、発電ノウハウ。
エネルギーシフトしましょう!

『木質ペレット燃料調理講座』 講師: 「地球愛好家」 佐藤政宗

資源のない国日本…ってホント?
エネルギーは電気だけじゃない。
日本の国土の3分の2を占める森林をうまく利用して、エネルギーにしてみよう。
木質バイオマスと呼ばれる木のエネルギーを通して、木のスゴさをを余すことなく教えます。

『循環型社会の創造』 講師: 「竹あかり演出家」 池田ちかお

九州では大きな問題になっている竹害。
そんな問題もやり方一つで、楽しく素敵に社会に役立つ仕組みになる。
熊本で2夜にして15万人を優しい気持ちにさせる『水あかり』。
その総合演出家、池田ちかおが語る、竹を通した循環型社会の創造。

『有機農業のありのままを語る』 講師:「わけぇもんの会」 園山宗光

有機農業って聞いたらなんとなく良いってイメージがあるけど、
実際のところどうなんだ?という疑問にお答えします。
これから農業したいと思っている人に聞いてほしい、有機農家の本音トーク。

『包丁の砥ぎ方講座』 講師: NPO法人アースハーバー代表、天然塩・釜元黒潮農場事業主 高橋素晴

13:00〜13:30

『ミツバチのはなし』 講師: 蜂蜜専門店「薬密本舗」スタッフ  樺山綾子

ミツバチってすごいんです!
ミツバチの隠れたチカラ、驚きの生体、ミツバチがヒトにもたらす恵み!
ミツを集めるのはメスのハチだけって知ってました??その他びっくりするお話をたーくさんご用意します!

『青空書道講座』 講師:書道家&ロックミュージシャン 中村哲郎

書の基本をお伝えいたします。

『どうして空は青いのか?』 講師: 山下友寛

皆さん誰しも一度は疑問に思ったことがあるもしれない。
なぜ晴れた昼間の空は青く、朝・夕焼け時の空は赤くなるのか。
これにはれっきとした理由がある。
また、2012年5月21日、日本で観測できる金環日食についても触れてみる。

『からだが喜ぶ簡単・健康料理』 講師: め組JAPAN鹿児島チーム代表 橋之口みゆき

自然の恵みに感謝して、砂糖や科学調味料を使わずに作る。
野菜のうまみを引き出す簡単料理のオススメ。
食のこと、体のことを青空の下で学びませんか?
一緒に「うまい!」を体験しよう。

『雑木で積み木つくり』 講師: 雑木の庭と家 シーズマザー 加治木文秋

姶良に「雑木林と8つの家」雑木の庭がつながってひとつの森になる、
まちなか森暮らしをサポートする庭師さん。
雑木の話を交えながら自然な質感を楽しむ積み木作ってみよう。

『黒曜石と水晶』 講師: 将来の趣味は水晶掘り 渡瀬健介

14:00〜15:00

『鶏の解体』 講師: NPO法人アースハーバー代表、天然塩・釜元黒潮農場事業主 高橋素晴

 

自然石の小端(乱れ)積10

石積も仕上に入り、ほとんど天端の工事をしています

石の選定も大事ですが…やはりキレイな深目地がポイントです

建物は外部空間が充実すればするほど、より引き立ってくると思います

この石積の上に、こんどは雑木の植栽予定です

ここは姶良市、姶良駅のすぐ近くです

まちなか森暮らしをテーマにした…住環境に優しい

石積+雑木の庭+駐車場舗装を土地価格に含んだ分譲地です

 

自然石の小端(乱れ)積1

姶良市分譲地「まちなか森暮らし」内の石積が終了しました

全て自然石を使用しているため、石一つ一つの表情が異なります

小端(乱れ)積みという積み方で、一つ一つ丁寧に積み上げました

洋風や和風に捕らわれることなく、どんな建物にもバッチリ合うと思います

天端はこのように自然石の乱張りとしました。自然石の中から薄く…そして平らのものを選定して丁寧に敷き並べていきます

天端右側には雑木の植栽を予定しています

では…

施工写真を適宜紹介します

 

撮影村を訪ねて

水戸にある「桜田門外ノ変」の撮影村を訪ねました

イベントのお知らせ

敷地内はさすがに広いです

石積はすべて造形です

この鉄門扉さえ造形です(発砲スチロール)

白化粧は、桜田門外ノ変があった日の雪をイメージしているようです

屋台はコンパクトで、器具や棚の配置など本当に機能的な建築です!!