音もなく、だた。

ここは久住の山合いにあるオーベルジュKOYAMA.
冬の間、景色は墨汁の世界。

そこにも再び春色が

オーベルジュ小山

寒さに抑えられていたものが、一気にほこってきた。

地球にリップ

オープン当時に植樹した桜が馴染むくらい、
いつの間にか歳月が流れておりました。

石積みされている厚い壁
そこに見える、杉林の闇は春こそ深く濃い。
冬は白くどっさりと雪をかぶり、宿の朝食がいつもに増してひどく温かく感じる。

この日の杉林はまた格別で、美しい背景だった。
朝食をサーブし終えたシェフが、イスに腰掛け、静かに語ってくれる。
外は春風がやまないのだろう。
白い花びらが、雪かと思うくらい、横なりに散り落ちていく。

どう生きても、わたしたちは死にゆく。

明日は、シェフの娘さんの結婚式が、
この森の中に忽然とあらわれたフランス屋敷で行われる。

阿蘇 古閑舎古閑さん、という「ひと」

地球っていうと規模は大きいけれど

/*

関連記事

  1. 地球っていうと規模は大きいけれど

    「マザー」だな。これも。わたしたちのいうマザーは、母なる包み込む…

  2. 鳥は知っている

    度々、訪れるムクドリ。土の中の幼虫を食べて、水を浴びたり、飲んだり。…

  3. みんなの健康に、梅

    梅の効果は、身体の全体にまるごと良さそうだし。その自然の効果を得るには、…

  4. 姶良の和菓子

    和菓子屋の和菓子でできたデコレーションケーキ。これは、甘すぎるでしょう!…

  5. ありとあらゆる事

    幼児向けのもの、例えば、お菓子だとか、洋服だとか、贈…

  6. 12月の柚子に11月の金柑

    「鳥に食べられっからッ」私が急いているのではなく、鳥に急かされている母が…

  7. 山の音

    週末、父と母の家に出かける。春の田んぼの仕事や、夏に向けての畑の準備と春…

  8. 9月の運動会に、10月の稲刈り

    父がもし、この世にまだいたら、白いシーツと透明のマスクをして病院だっただろう…

*/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP