9月の運動会に、10月の稲刈り

父がもし、この世にまだいたら、白いシーツと透明のマスクをして病院だっただろう。
父は観に来れなかったかもしれない『まごの初めての小学校運動会』
たぶん、今は身軽るになって、どこかで観覧しているかもしれないわね。

弁当箱の重箱は、わたしが小学生の頃から使われていたもので、
まさか、時短料理が自慢のじぶんがこんな重箱を詰める日がくるなんて、
年を重ねるって、意外なほど、記憶を頼りにして生きていくものなんだと思う。

だから、日常が大切なのね。
突然蘇る、いつかきみに届くように。未来へのメッセージ。

重箱は、わたしたちの運動会には活躍していて祖母も、祖父も手にしていた。
当時、運動会のお弁当時間は、ビールもふつうに振る舞われていた。
叔父や、叔母もいたりして。あちこちの家族の円が重なり合っていた。

そんな楽しい記憶が、わたしをつくってきたように、きみを育てよう。

大鍋は、10人以上の料理に余裕で活躍。
今では、正月とお盆と、大勢でする田んぼ作業の時ぐらいだけど、
わたしが小さいころは、毎日、ほぼ、この鍋が台所にあった。

だから、この大鍋で料理をすることに、抵抗する概念がない。
例えば羽釜でご飯を炊くことに抵抗を感じる。とか。
そういう、未知の領域=めんどうさ、みたいなね。

今年の稲刈りは、大人向けの甘くない煮しめ。昼も夜も。

よき働きに、ムクイラレますように。
今宵も、食事をつくる。

12月の柚子に11月の金柑

阿蘇 古閑舎古閑さん、という「ひと」

/*

関連記事

  1. 鳥は知っている

    度々、訪れるムクドリ。土の中の幼虫を食べて、水を浴びたり、飲んだり。…

  2. みんなの健康に、梅

    梅の効果は、身体の全体にまるごと良さそうだし。その自然の効果を得るには、…

  3. 山の音

    週末、父と母の家に出かける。春の田んぼの仕事や、夏に向けての畑の準備と春…

  4. ありとあらゆる事

    幼児向けのもの、例えば、お菓子だとか、洋服だとか、贈…

  5. 地球っていうと規模は大きいけれど

    「マザー」だな。これも。わたしたちのいうマザーは、母なる包み込む…

  6. オーベルジュコヤマ

    音もなく、だた。

    ここは久住の山合いにあるオーベルジュKOYAMA.冬の間、景色は墨汁の世…

  7. 手のとどく生き物

    動物園とか、水族館とか、うちの子が興味を示さなかったのが始まり。…

  8. 12月の柚子に11月の金柑

    「鳥に食べられっからッ」私が急いているのではなく、鳥に急かされている母が…

*/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP