12月の柚子に11月の金柑

「鳥に食べられっからッ」
私が急いているのではなく、鳥に急かされている母がわたしにそういいながら
バケツを渡してくれた。

今年の夏も、そうとう暑かったというのに。
よくもまぁ、灼熱をうけて熟された果樹。

井戸水をざんぶりかけて、泳がせ、ざぱーっとすっきりした表情を魅せる。
「それで、ところであんた、わたしをどうすんのさ」と黄色い王冠を振りかざして
きっぱりと、切り込んでくる。

去年や、その前の年、あなたがまだ幼稚園に通う頃は、パンがおやつになるように
ジャムにしていたわね。2月のバレンタインにはチョコレートと金柑の組み合わせを
焼き菓子にして、父にも食べてもらった。
その父は3か月前に「あんなに早く逝かなくてすんだのに」そう母にいわせて。

今までは、種もそのままでまるごと煮ることしか、しなかった。余裕がもてなくて。

でも、今年はコンポートと金柑酵素にしてみよう。
種も取ってみよう。
成長と老いに消費していた時間。
まるでぽっかり空いたのを、うめるように働く台所。

 

冬至になる前に、母から手渡された山の柚子も酵素ジュースにした。

【柑橘酵素ジュース作り方】
①柑橘 1㎏
②きび砂糖 1㎏

種は取ってもよし、取らなくてもよし、柚子は4分の1に、金柑なら2分の1に切る。
保存瓶にきび砂糖を入れて、あとは切った果樹ときび砂糖を交互に入れる。
一日1回、手でかき混ぜる。(20回程度、底から混ぜる)
砂糖がとけたら、完了。

冷蔵庫で保存すると、発酵がとまる。

再び、秘密基地をつくろう

9月の運動会に、10月の稲刈り

/*

関連記事

  1. 山の音

    週末、父と母の家に出かける。春の田んぼの仕事や、夏に向けての畑の準備と春…

  2. ありとあらゆる事

    幼児向けのもの、例えば、お菓子だとか、洋服だとか、贈…

  3. 地球っていうと規模は大きいけれど

    「マザー」だな。これも。わたしたちのいうマザーは、母なる包み込む…

  4. オーベルジュコヤマ

    音もなく、だた。

    ここは久住の山合いにあるオーベルジュKOYAMA.冬の間、景色は墨汁の世…

  5. みんなの健康に、梅

    梅の効果は、身体の全体にまるごと良さそうだし。その自然の効果を得るには、…

  6. 9月の運動会に、10月の稲刈り

    父がもし、この世にまだいたら、白いシーツと透明のマスクをして病院だっただろう…

  7. 鳥は知っている

    度々、訪れるムクドリ。土の中の幼虫を食べて、水を浴びたり、飲んだり。…

  8. 姶良の和菓子

    和菓子屋の和菓子でできたデコレーションケーキ。これは、甘すぎるでしょう!…

*/

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP