山の音

週末、父と母の家に出かける。
春の田んぼの仕事や、夏に向けての畑の準備と春の収穫。
そして山の収穫。

春たまねぎも、たけのこも、どっさり。
収穫はからだの奥深くからエネルギーが湧いて、
土をおとして、食べるまでに、道のりが長い。

食べるころには、もう、身体はゼロになって風が通るだけでも、おいしい。

山は静かで、頭上で鳴いているあの野鳥の姿は見えない。
春の柔らかい草花の中からも、聴こえてくる。
奏者も歌声のぬしも知らないけれど、山の音は一日をとおして、刻々と変わる。

ありとあらゆる事

口どけ、土どけ。

関連記事

  1. 手のとどく生き物

    動物園とか、水族館とか、うちの子が興味を示さなかったのが始まり。庭にいるカタツムリが始ま…

  2. 姶良の和菓子

    和菓子屋の和菓子でできたデコレーションケーキ。これは、甘すぎるでしょう!いくらなんでも、ミニ…

  3. ありとあらゆる事

    幼児向けのもの、例えば、お菓子だとか、洋服だとか、贈り物の包装紙だとか。…

  4. 鳥は知っている

    度々、訪れるムクドリ。土の中の幼虫を食べて、水を浴びたり、飲んだり。今朝の水鉢の水は澄んでい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP